www.susilawson.com
自動車を持っている方であれば承知だのはずですが、自動車税というものを支払う義務があります。それで自動車税は査定に出す所有車の買取の際に当然のように還ってくるのです。このような事は実際、やってみると簡単に頭に入ってくると思いますがこれから最初から順番に紹介します。一応説明をさせて頂けば国産販売されている自動車のみに限らずアメ車などでも税金が返還される範囲に決まっています。当然所有車についても当てはまります。クルマを持つ人が支払い義務を負う税で税額はクルマの排気量の大小で定められています。1リッターより小さいなら29500円1リッターから1.5リッター以下までだと34500円になります。これからは500ccずつ5000円ずつ増えます。この税は4月1日現在ので車を所有している人が今年度の税金を納める義務となっています。つまりは先払いになるということですから勿論車を売ってしまってオーナーでなくなった際では前払いした分のお金は返還されるんですね。この自動車税は前払いで年度内の全額を払いますのでその年度内に自動車を売却した際は、新たなオーナーが自動車税を負担するということです。買取先が買取専門店であれば売却時にあなたが払いすぎた税額を返金してもらえます。所有者でなくなった瞬間より後の税金は、新しい保有者が納付義務を負います。もし10月の間に愛車を売った際は11月から翌年3月いっぱいまでの払ったお金は返還されます。というのは、前述した通り自動車税は前払いであるということからもわかります。つまりあなたは買い取った相手に払いすぎたお金を返してもらうということです。業者を介さずに自動車を売却する場合には意外にこのことに気づかない人が見受けられるためしっかり確かめるようにしましょう。自動車税が車を売却すると返ってくるということをあまり知っている人が少ない事を利用して、その状況を悪用している業者もあります。こちらから返金に関して話を切り出さなければ完全に税金のことには触れないという場合も結構聞きます。そのため愛車の買い取りを依頼する場合は自動車税が返金されるかどうかを聞くことを怠らないようにしなければなりません。